引越専門業のエイブル引越サービスが新しい生活のスタートをクリエイトします。明朗会計システム・コストダウンの徹底・高い技術力、各種サービス・オプションをご用意しております。

引越チェックリスト

スムーズなお引越のために

いざお引越、という当日に慌てない様、手際の良い準備が必要です。
より快適なお引越にする為の事前連絡や準備は、少し早めのほうが安全です。
お引越の日まで、このスケジュールを参考に準備を進めましょう。

エイブル引越サービス お引越手続きリスト

お引越が決まったらすぐに! ~早ければ早いほどに安心です。~

項目 内容

引越業者への
見積りの依頼
エイブルで 引越することが決まりましたら、エイブル引越サービスへ電話取り次ぎにて、お見積り依頼をしましょう。
ご家族様の場合は訪問見積りの日時を設定させて頂きます。
賃貸の場合は... 管理会社または家主に退去の連絡をしておきましょう。
新居の下調べ 出入口、エレベーターの有無、間取り、収納スペース、ガスの種類など。
いらないものの処分 まずは、一般家庭ゴミと粗大ごみと家電リサイクル5品(エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機・衣類乾燥機)に分けましょう。
最寄りの清掃局に電話で粗大ゴミの種類と大きさを確認の上、申込をしましょう。
家電リサイクル品は購入した販売店へ連絡し、有償で引き取ってもらえます。または、郵便局でリサイクル券を購入し、指定引取場所へ直接お持ち込みください。
転居はがきの作成 転居はがきは早めに作っておきましょう。
公立小・中学校の
転校の手続き
[転校の手続き]
1.お引越が決まったら、すぐ担任の先生に知らせます。
2.在学している学校から、在学証明書、教科書受給証明書を受け取ります。

10日前まで ~手続きは漏れのないようにチェック!~

項目 内容

郵便局に転居届の
手続き
郵便局窓口にある転居届に、必要事項を記入して、投函しましょう。
転送開始まで、1週間くらいかかる場合があるので早めに手続きしましょう。
新聞・牛乳など 早めに連絡しましょう。
新居の配置図作成 家具の配置図を作成しましょう。台紙の上に、同じ縮尺で家具の大きさに紙を切り置いてみます。コンセントの位置も考えて配置しましょう。
NHKへ住所変更の
手続き
あらかじめ受信料領収証を用意して、NHKのフリーダイヤルへ連絡します。全国どこからでも通話無料です。
(9時~20時まで受付)(フリーダイヤル)0120-151515
荷造り開始 使わないものから、荷造りを始めましょう!

1週間前まで

項目 内容

電話移設の手続き 電話会社へ電話で新旧住所、氏名、引越月日、移設希望日を申し出ます。
電力会社へ
利用停止の手続き
電力会社に電話して、転居日に使用を中止する手続きを取ります。
ガス会社へ
利用停止の手続き
ガス会社に電話して、立会い可能な使用停止日を連絡します。
新居のガス会社には、開栓も予約します。こちらも立会いが必要です。
水道局へ
利用停止の手続き
[転出の手続き]
領収書、請求書に書いてある支所・営業所へ電話で連絡します。
[転入の手続き]
転居先の受持ち支所・営業所へ、使用開始、住所、氏名を連絡します。
(地域により、手続き方法が異なるところもありますので、詳しくは管轄の水道局へお問い合わせ下さい。)
市区町村役所へ
転出の手続き
市区町村役所へ印鑑を持参し、住民異動届を提出し、転出証明書を発行してもらいます。
銀行での手続き 住所変更、口座解約、引き落としの変更、クレジットの変更など。  

お引越前日

内容

冷蔵庫のコンセントを取り外し、洗濯機の水切りをしておきましょう。
電化製品の配線取り外しをしておきましょう。
貴重品は、まとめて手持ちのバッグに入れておきましょう。
当日すぐに使うものは別にまとめておきましょう。
灯油などの危険物は処分しておきましょう。

お引越当日 旧居で

内容

ご近所への挨拶をしましょう。
忘れ物チェックをしましょう。
物置や、クローゼットに忘れ物がないか、チェックしましょう。
ガスの使用停止には立会いが必要となります。
電気のブレーカーを落としましょう。

お引越当日 新居で

項目 内容

管理人への挨拶 集合住宅など、エレベーターを使用する場合は、管理人さんにご挨拶しましょう。
引越作業の挨拶 お引越の作業は、いくら気をつけても、日常と違い意外とご近所にとっては物音がするものです。
クレームの前にひと言ご挨拶しましょう。
電気の利用開始 電気のブレーカーを上げます。
ガスの開栓工事の
立会い
ガスの開栓には立会いが必要になります。

お引越後 2週間以内に

項目 内容

市区町村役所で
転入の手続き
新居へ移ってから、14日以内に印鑑・転出証明書を持参してください。
郵便貯金の住所変更 郵便貯金通帳(証書)と届出印鑑を持参してください。
銀行・公共料金の
手続き
自動引き落としは届出印・口座番号・住所・氏名が必要です。
クレジット会社への
住所変更
クレジット会社への住所変更・口座変更の手続き。
不動産登記の
住所変更の手続き
土地・建物を所有している場合は、法務局支局又は出張所へ行き、登記簿甲区(所有者欄)の住所変更手続きをします。
届出には申請書、転居先住民票(住所を証明するもの)、印鑑(認印)が必要です。代書または知人に依頼する場合は、委任状が必要になります。
自動二輪、自動車の
登録変更
自動二輪、自動車の登録変更・車庫証明証手続き。
運転免許の住所変更 [転出の手続き]不要です。
[転入の手続き]
1.同じ都道府県内で引越をした場合は、転居先の最寄りの警察署交通課へ免許証・住民票の写しを持参し、住所変更の届けをします。
2.他の都道府県から引越をした場合は、免許証、住民票の写し、写真1枚を持参し住所更新の届をします。
3.免許証が更新期間内に入っている場合は、運転試験場で更新と住所変更を同時に申請します。
公立小・中学校の
転校の手続き
[転校の手続き]
1.市区町村役所で転入届を済ませてから、新しい住民票を持って教育委員会へ行きます。
2.教育委員会で入学する学校の指定を受け、転入学通知書をもらいます。
3.指定された学校へ、在学証明書、教科書受給証明書、転入学通知書を提出します。

お引越チェックリストの印刷はこちら

Webからのお問い合わせはこちら
引越サービス

 

 

 

 

引越お役立ちコンテンツ

引越前に役立つコンテンツです、今一度身の回りのチェックにご利用下さい。

引越完了までの流れ

引越チェックリスト

  • スタッフ専用ページ
  • 賃貸情報エイブル
  • 海外CHINTAI